☆こどもセンターとは

☆教育理念

日本人としての伝統・文化を尊重しつつ、将来国際社会で活躍できる人材を育てます。 こどもセンターでは、日本に古くから伝わるお話や歌、行事などを通して日本の伝統・文化を学ぶとともに、日本人としてのこころの教育を重視します。 また、たくさんのお友達と一緒に学ぶ中で、相手を思いやる心を養い、国境を越えたコミュニケーション能力を育てます。

☆教育方針

楽しく学ぶ、元気に学ぶ

こどもセンターは、同年代のお友達と一緒に元気に遊びながら学ぶ楽しい幼児教室です。 一人ひとりの個性を大切にし、ほめる言葉がけを意識して取り組んでいます。「ほめられて嬉しい。もっと頑張ろう。」という気持ちをできるだけ引き出すよう心掛けています。 また、人との触れ合いの中で、 あいさつや身の回りの整理整頓、お友達との関わり方など、遊びながらしつけの面も重視し、楽しく学びます。

全体指導

同年代のお友達と同じ教材を使い学ぶ、一斉指導の方式を取っています。お友達と一緒に取り組む中で、お互いに刺激し合い成長していきます。 「お友達が頑張っているのだから自分もやってみよう!」そのような過程の中で、主体性が育まれ、学ぶ意欲を 育てます。 また、たくさんのお友達と一緒に触れ合う中で、ひとつの社会が生まれ、正しいルールやマナーを知ることが大切になります。順番を守ること、教具の貸し借りをすることにより、協調性や 社会性を身に付けていきます。

応答型教育

一斉指導では、集中して先生の話を聞く力•集中力を養います。 質問された事に対し答えるという、表現する場を一人ひとりに設けています。お友達の前で元気に自分の考えを発表する 場の経験は、堂々と自分の考えを人に伝えられる主体性へとつながり、 また他のお友達の考えを聞く機会を多く経験することで、互いの個性を尊重し合う心豊かな人間へと成長していき ます。